片頭痛とピルとの関係

2019.12.03Blog

頭の痛みには様々なものがあり、私たち医師にとってもその鑑別診断には頭を悩ませるものが多くあります。

片頭痛の痛みはは基本的に頭のどちらか半分だけに起こり、その痛みは心臓の拍動を反映したようなズキンズキンとした痛みとなります。

視野に突然パッツパッと光が見えたり、患者さん自身が頭痛がこれから起こることが経験的にわかる前駆症状というものがあるケースが多く見られます。

このような前駆症状を伴う片頭痛を悪化させる要因にピルがあります。避妊のためや月経前緊張症候群など様々な使われ方をしていますが、服用によって片頭痛を悪化させている場合があります。

避妊に使用している場合は他の避妊法に変更したり、ホルモン剤の種類の変更や代用薬品などを用いることで片頭痛が軽くなるケースがあります。

 


ページトップへ